ドローン申請|西田和史行政書士事務所では、ドローン免許講習からドローン許可申請、保険手続きまで承ります。電話やメールだけでの手続きも可能

ドローンに関すること

夜間飛行、目視外飛行、30m未満の飛行、イベント上空飛行、危険物輸送、物資投下※国土交通省HPより転載

夜間の飛行や目視から外れる場合など、ドローン飛行を行う際に危険性が伴う場合には「国土交通大臣の承認」が必要です。
【例えば空港周辺で夜間飛行を行う場合】
・空港周辺の許可申請…管轄の空港事務所へ
・夜間飛行の承認申請…国土交通省へ
上記のそれぞれ申請が必要になります。また、飛行空域および飛行方法の組み合わせによっては、上記の両方に許可・承認申請が必要な場合があります。

【許可申請に必要な書類】
申請によって、異なる場合もありますが、次の書類が必要です。

  • 無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書
  • 無人航空機の機能・性能に関する基準適合確認書
  • 無人航空機を飛行させる者に関する飛行経歴・知識・能力確認書
  • 飛行の経路の地図
  • 無人航空機及び操縦装置の仕様が分かる設計図又は写真(多方面)
  • 無人航空機の運用限界(最高速度、到達電波距離、飛行可能風速、最大搭載可能重量、最大使用可能時間等)及び無人航空機を飛行させる方法(点検・整備の方法を含む)が記載された取扱説明書等の該当部分の写し
  • 操縦者の過去の飛行実績又は訓練実績等を記載した資料
  • 許可等が必要な内容に応じた追加基準への適合性を示した資料
  • 飛行マニュアル

ドローン練習場

メールフォーム

西田和史行政書士事務所ロゴ

ドローン専門行政書士
西田和史行政書士事務所
〒911-0034
福井県勝山市滝波町3丁目815

福井にある当行政書士事務所には、ドローン許可申請やドローン保険、操縦サポート等を承るドローン専門行政書士が在籍しております。初心者で不安な方や仕事でドローン免許が必要な方、申請や保険の手続きが面倒という方も、まずは一度お気軽にご相談ください。全国対応、電話やメールだけでの手続きも可能です。

  • 0779-87-0824
  • つながらない時は携帯電話までご連絡ください
  • 携帯電話:090-2834-5765
  • 営業時間:9:00-18:00 定休日:土日祝

  • メールフォームへ

ページトップへ