ドローンの物件投下、危険物の輸送について|福井の西田和史行政書士事務所では、ドローン免許講習からドローン許可申請、保険手続きまで承ります

新着情報詳細

ドローンの物件投下、危険物の輸送について

2018/10/07

物件投下の飛行許可を取る場合、

⇒5回以上の物件投下を行い

⇒物件投下の前後で安定した機体の姿勢制御ができる能力を持つ事

が要求されます。

 

※ちなみに、国土交通省が認めている物件投下の出来る機体は、

 RG-1(農薬散布用ドローン)のみです。

 

 

危険物の輸送の飛行許可を取る場合、

危険物の輸送に関して、特に規定はありません。

 

ただ、最低限、

1.危険物に該当するものは何か?

2.危険物を輸送する為には、

・機体を改造して取り付ける事になるので、

 重量が重くなっても安全な飛行が可能である事

・危険物が入っている容器の固定方法

・容器の材質等

 理解し、示す必要が生じます。

 

危険物に該当するもの ⇒ 航空機と同じ基準(画像参照)

・落下時に爆発などを引き起こす可能性があるもの

・放射性物質

・凶器

  ・毒物(農薬も含みます)  等

   

  <まとめ>

  農薬散布用ドローンの飛行許可を取る場合、

  物件投下だけでなく、危険物輸送でも許可を取る必要があります。

     

戻る

メールフォーム

西田和史行政書士事務所

ドローン操縦・保険手続もサポート / ドローン専門行政書士
西田和史行政書士事務所
〒911-0034
福井県勝山市滝波町3丁目815

福井県勝山市にある当行政書士事務所には、ドローン許可申請やドローン保険、操縦サポート等を承るドローン専門行政書士が在籍しております。

初心者で不安な方や仕事でドローン免許が必要な方、申請や保険の手続きが面倒という方も、まずは一度お気軽にご相談ください。全国対応でサポートいたします。

  • 0779-87-0824
  • つながらない時は携帯電話までご連絡ください
  • 携帯電話:090-2834-5765
  • 営業時間:9:00-18:00 定休日:土日祝

  • メールフォームへ

ページトップへ